【終了】百町森・保育講習会 20170618

アナログゲームのこと楽しく学ぼう!

元保育士でアナログゲームの専門家に、保育のねらいに即したゲームの導入方法や遊び方をレクチャーしてもらいます。

昨今、ボードゲームやカードゲームなどのアナログゲームが注目されてきました。デジタルゲームにはない相手の表情を見ての駆け引きや、参加者と場を共有する楽しさが再評価されています。

コンピューターではなく、生の相手とゲームを楽しむ中で、「集中力」「観察力」「指や手先の器用さ」「言葉の発達」「コミュニケーションの力」…などを身につけるだけでなく、相手の考えや次の手を予測したり、戦略を考えたりする「思考力」や、最近保育指針にも掲げられた「意欲」「協調性」「粘り強さ」「忍耐力」「計画性」などの非認知能力を身につけるのにも役立ちます。

今回、全国でアナログゲームの普及活動をしている畑直樹さんを講師にお迎えして、保育のねらいに即したゲームの導入方法や遊び方をレクチャーしてもらいます。

激動する21世紀に生きる子どもたちの子育て「ヒトだからこそできる保育」を、一緒に考えてみましょう

午前の部:非認知の力をアナログゲームで育てる

  • 時間:10:0030〜12:00
  • 講習費:1,500円(会員1,300円)、通し2,500円(会員2,000円)

午後の部:アナログゲームで育くむコミュニケーション

  • 時間:13:30〜15:30
  • 講習費:1,500円(会員1,300円)、通し2,500円(会員2,000円)
  • 開催日:2017. 6.18(日)
  • 会場:百町森あそび村(静岡市葵区鷹匠2丁目25-19)
  • 講師:畑 直樹
  • 参加費(税込):午前・午後各1,500円(会員1,300円)、午前・午後通し2,500円(会員2,000円)
  • 定員:20名(先着順)予約制です。FAX、Eメール、電話でお申し込み下さい。
  • 主催:百町森(ひゃくちょうもり)
  • 参加者特典:午前・午後それぞれ300円分のゲーム引換券1枚

講師プロフィール:畑 直樹(はた なおき)

大阪の公立保育所で20年近く保育士をした後、ドイツの保育を学ぶために単身ドイツに渡り、色々な園で研修を積む。そんな中、アナログゲームと出会いその素晴らしさを伝えるために帰 国して子どものためのアナログゲームの輸入会社を設立する。保育、教育界で日本唯一のアナログゲーム専門家として、全国各地で保育・教育界でのセミナーやワークショップの講師、 アナログゲームをコミュニケーションツールとして、子育て世代、父親、ビジネスマンからお年寄りまでのイベントも幅広くこなす。 現在『日本教育新聞』にて「元保育士社長畑さんのアナログゲームのすすめ」を連載中。Kleeblatt株式会社 代表取締役。あそび文化研究所所長。特定非営利活動法人世界のボー ドゲームをひろめる会 ゆうもあ 理事。特定非営利活動法人とよなかESDネットワーク理事。

名称:
百町森保育講習会
開催日:
2017/06/18(日)
時間:
午前の部:10:00〜12:00/午後の部:13:30〜15:30
場所:
百町森あそび村
料金:
午前・午後各1,500円(会員1,300円)、通し2,500円(会員2,000円)
| コメント(0) | Bookmark and Share

このイベントが含まれるカテゴリ

アーカイブ