ドイツの手織りマフラー&動物の手人形 展示即売・予約会

ドイツから自然の美しい色の手織りマフラーがやってくる!

皆さんのお気に入りの色、似合う色、かたち。そんなマフラーに出会って下さい。ご予約いただいたら、ドイツの工房に注文し織ってもらいます。

軽くてあたたかく、デザインで見ているだけでもワクワクするマフラー。たくさんの色をお試しいただけるこの機会に、ぜひご来店ください。

1509rosen8.jpg 1509rosen5.jpg

1509rosen9.jpg 1509rosen7.jpg 1509rosen4.jpg

■Rosenwinkel Hauchschal(ローゼンウィンケルのマフラー)

このそよ風マフラーは木綿糸(コットン)と羊毛糸(ウール)で織っています。そして、織り上がったら羊毛糸だけを縮めてしまうのです。

縮んだ部分はフェルトになりこんな不思議な模様が偶然生まれるのです!
Hauchとは呼吸とか息つぎ、schalはマフラーという意味。その名の通りマフラーが呼吸しているかのように空気をたっぷり含んでくれるので、巻いている時はふんわり軽くてとってもあたたか、それでいて室内でもむれにくいです。

■Rosenwinkel Handweberei(ローゼンウィンケル手織り工房)

1992年、ドイツ北中部ゲッティンゲンで設立された小さな工房。再生可能な自然繊維と動物繊維を使用、製品の製造過程で残留化学物質を排出することがなく嬉しいです。マフラーは手織り機で人の手によって一枚一枚織られています。

■お手入れは水洗いだけととっても簡単!

安心して長く使い続けてほしいという素材へのこだわりが感じられます。

■豊富なカラーバリエーション

木綿糸と羊毛糸をそれぞれ別々に染めるので、色のコントラストも美しく立体的に見えてきます。お気に入りの一枚を見つけて下さい。

■どういう時、どういう方に

存在感たっぷりのこのマフラー、男女や年齢を問わず、カジュアルにも時にはフォーマルにも使えます。

■価格

今回展示するものは、マフラー中心ですがショールも少し入ります。マフラーは13,500円+税、(モノクロのコントラストシリーズは15,500円+税)ショールは27,000円+税です。

バーレーベンの動物の手人形

■Barleben Handspielpuppen(バーレーベン手人形)

バーレーベン工房の手人形は、マリア・バーレーベンが助手と共にデザインから型紙作り、縫製まで一体づつご注文に応じて製作します。その多くは手作業で、そのため同じ動物でも少し表情が違います。それが正に手作りの証であると共に、あなただけの人形となるのです。

工房はここ数年で少しずつ大きくなり、大学や環境意識の高さで知られているドイツの南の町、フライブルグの近郊に現在はあります。

製作の材料はほとんどがモヘア(シュタイフ-シュルテ社製品を使用)ですが、その動物によってはアルパカや羊毛、プラッシュ(ビロードに似て、長く柔らかな毛羽感のある木綿の布地)でできているものもあります。目は子どもへの安全性も考慮されたはめ込み型プラスチック製のものを使用しますが、用途によってはガラス材も稀に使用します(口に入る大きさです。ご注意下さい)。鼻、耳と口の中部はフェルトとスエードを使用しています。 ほとんどの動物は木綿生地(染色済みの糸を織った木綿)で、胴体を覆っています。クッションは綿を使っています。

■納期

一部、即売できるものもありますが、基本的には受注発注となります。およそ2・3ヶ月ほどお待ちいただきます。

■価格

それぞれ異なりますが、29,300円+税からございます。詳細は、バーレーベンのページでご確認ください。

名称:
ドイツの手織りマフラー&動物の手人形 展示即売・予約会
開催日:
2017/09/06(水)-10/01(日)
時間:
10:30-18:00
場所:
百町森店内
料金:
無料
| コメント(0) | Bookmark and Share

このイベントが含まれるカテゴリ

アーカイブ