百町森ブログ

百町森からのお知らせなどです。

  
  
  

柿田のブログ

百町森店主のブログです。

  
  
  
  

イベント

  

イベントはこちらです。

  
  
  
  

コラム

  

子育てやわらべうたに関する読み物、旅日記など。

  

この度、アンジーナ(京都)のシャンプーやスキンケア商品を百町森で扱うことになりました。 以前取扱っていたドイツ・ウルテクラム社のシャンプーがなくなって以来ずっと探していた、 子ども達も安心して使えるシャンプー。ついに使いやすく、信頼できるものが見つかりました。

アンジーナとの出会いは、偶然とはいえ、とてもうれしいものでした。個人的な旅行で京都を訪れた 際に立ち寄った「京都メリーゴーランド」(こどもの本のお店です)に、無農薬野菜の配達に来ていた 女性がアンジーナの横山ちひろさんでした。彼女は3人の女の子の子育て、夫とともに有機農業、 そしてアンジーナとたくさんのお仕事をこなす、とっても素敵な女性です。忙しいはず なのに、落ち着いた印象をうけました。たぶん仕事への高いこころざし、丁寧な生活ぶりが出ている んだなぁと思います。メリーゴーランドでトラベルサイズのシャンプーを買い求め、その日の夜 ホテルでさっそく使ってみましたよ。それは、顔も、体も、髪もしあわせな使い心地でした。 こんなご縁で、百町森でもこの素晴らしい商品を皆様にご紹介できるのを嬉しく思います! 紹介してくださった、京都メリーゴーランドの潤さんありがとう!

まずは石けんシャンプーから

まずは、石けんシャンプーからお使いになることをおすすめします。心配な方はトラベル用50mlで お試し下さい。リンスは不要ですが、合成シャンプーから切り替えると、はじめは髪がギシギシする など気になる方がいらっしゃるかもしれません。でもだんだん指どおりが良くなると思います。 しばらく続けてみて下さい。または、食用のクエン酸をお湯に溶かしてリンスしてみて下さい。 アルカリ性の石けん分を中和してなめらかになります。

これ一本で、顔も体も洗えますのでお風呂場もすっきり。シンプルライフの強い見方です。

なぜアンジーナのシャンプー、スキンケアがいいのか?
~全ラインナップ共通の特徴~

  • アンジーナは全成分 の起源(原料由来)と機能(配合目的)を公開しています。(スキンケアメーカーではアンジーナだけの試み)お肌のデリケートな方、自分に合うスキンケア製品シャンプー探しでお悩みの方、安心して吟味、検討しやすいよう というメーカー努力があります。
  • できるかぎり自然由 来の原料と生分解性の高い成分の厳選。
  • 化学合成防腐剤のパ ラペン、石油系合成界面活性剤、香料、着色料、旧表示指定成分を使っていません。
  • 毎日のスキンケアのことだから、お肌にも環境にもやさしく、赤ちゃんからお年寄りまで安心して使える徹底した素材選び。

6月23日は「沖縄慰霊の日」。

1945年のこの日(6月22日という説もあります)、日本軍の牛島司令官が自決したことで、組織的戦闘が終結しました。しかし、最終命令で、最後まで戦え、と命じたばかりに、その後も多くの軍人・住民が犠牲になったのです。岩波ジュニア新書「ひめゆりの沖縄戦」から関連部分を引用します(文中の太字は佐々木)。

住民戦没者はなぜ多いか 村上有慶

四月上旬から五月下旬までの主力攻防戦こそが沖縄戦でした。日本軍の主力部隊の70パーセントは、この攻防戦で死んだり傷ついたりしました。(中略)5月28日、第32軍は首里の司令部を撤退し、南部の摩文仁(まぶに)へと司令部をうつしました。この時点で、軍隊どうしの戦争の勝負はついていました

2011年の東日本大震災、福島第一原発の事故から、6年が過ぎました。少しでもお役に立ちたいとの思いから、当初被災地に絵本、児童書を送ることからはじめて、手づくりのボール、ぬいぐるみ、おもちゃなどもお送りしましたが、現在は2団体へのカンパに集約されてきました。

2つのうちのひとつ「未来の福島こども基金」のことをご紹介します。

kumi-01.jpg kumi-umi.jpg

この基金は「福島の子ども保養プロジェクト 沖縄・球美の里」の特別支援団体として、福島の子どもの保養の手助けをしています。その他、早い段階からチェルノブイリを支援するなかで学んだことを元に、子どもたちを守るために開設された「いわき放射能市民測定室たらちね」の運営、さらに、この5月には「たらちねクリニック」がオープンしました。

slide03-jp.jpg slide-Thyroid-jp.jpg

活動の中で、15年以降子どもたちの健康の様子に変化が現れてきたそうです。具体的には、球美の里の保養のなかで薬を飲んでいる子どもが増えていること、子どもたちの肝機能低下、不整脈、風邪を引きやすい、皮膚病などが特定の集団に起きていること、さらに大人の肺がん、死産、流産の多発など地域の人々の心身の状態が悪化していることを体感するなかで住民の拠り所としての医療機関が必要だったそうです。

あの時、私も原子力発電の負の部分をいやというほど見せ付けられて、エネルギーのことを考え直すようになりました。しかし時が経ち、今また日本で5基の原発が再稼動しています。強く、すべての原発が廃炉になることを願っています。「沖縄・球美の里」では、寄付やボランティアを募集しています。百町森では、今まで通り、ペーパーバッグの売り上げ代金などを寄付させていただきます。

(山崎直子)

静岡FM放送・K-MIXの朝の番組「モーニングラジラ」の「SUZUKIマスタートーク」というコーナー(朝8:30〜)で、パーソナリティの高橋正純さん(ズミさん)と佐々木が電話で10分ほどお話しました。

30近い国や地域で今も戦争、紛争がおこっていて、世界人口の1/3が戦禍に巻き込まれているそうです!

ペシャワール会の中村哲さんを御存知でしょうか?中村さんは1984年よりお医者さんとしてパキスタンの病院に赴任し10年間診療活動を続けました。その間から今に至るまで、パキスタン国内のアフガン難民への診療、さらにアフガニスタン国内にも活動範囲を広げ、診療だけでなく様々な平和活動をアフガニスタンで続けていらっしゃいます。私がアフガニスタンに興味を持ったのは1冊の絵本からです。

私はいわゆる戦争がテーマの絵本が苦手です。そういう絵本を子ども達に読み聞かせることができません。 感情移入してしまって、ただただセンチメンタルになってしまいそうだからです。

しかし、ある日戦争がテーマの絵本を読んでみようかなと思えることがありました。今から、20年近く前、息子の小学校の授業で「静岡平和資料センター」への見学した時、職員の方が「ここに展示してある資料はすべて過去の戦争のこと。しかし今も世界では多くの人が戦争のために苦しい思いをしています。今、いくつ戦争をしている国があると思いますか?」と子ども達に質問しました。その数の多いことに 子ども達も私もびっくりしました。その時、現在の戦争のことなら伝えられるかも知れないし、むしろ現実を知ってほしいと思い、小学校で「せかいいちうつくしいぼくの村」を読むことにしました。

せかいいちうつくしいぼくの村

小林豊/作・絵 ポプラ社

22×29cm 41p 1995年12月初版

  • せかいいちうつくしいぼくの村
  • 1,200円+税(8%税込1,296円)
  • 買物かごへ
電話注文もできます。
054-251-8700

アフガニスタンの美しい村「パグマン」にすむヤモは、お父さん、ロバのポンパーと一緒に町へ収穫したくだものを売りに行きます。はじめての経験にワクワクしながら、張り切っているヤモの姿は頼もしく、活気ある市場や人びとのあたりまえの日常にこころ穏やかに読み進むのですが・・・。戦争中にこの国を訪れた作者が、実体験をもとに描いた絵本。この国の人たちの誠実さが伝わってきます。絵のない最後のページの言葉には衝撃が走ります。

同シリーズの「ぼくの村にサーカスがきた」「せかいいちうつくしい村へかえる」も続編としておすすめです。各1,200円+税

  • ぼくの村にサーカスがきた/小林豊
  • 1,200円+税(8%税込1,296円)
  • 買物かごへ
電話注文もできます。
054-251-8700
[an error occurred while processing this directive] 電話注文もできます。
054-251-8700

中村哲さんの講演会

『アフガンにいのちの水を』
33年の活動報告

中村哲静岡講演会

  • 日時:9月5日(火)18:45?21:00
  • 会場:静岡県コンベンションアーツセンター「グランシップ」中ホール(大地)
  • 参加費:前売1,300円(当日1,500円)高校生以下:前売り1,000円(当日1,300円)

百町森でも前売り券発売中!

今回、中村さんの一時帰国に合わせて、この講演会ができることになりました。 世界の政治情勢が不安定な今、私達も中村さんの活動のおはなしを聞きたいし、多くの方に聞いて 欲しいと思い賛同団体として協力させていただくことにしました。是非、参加してください。 中村さんの報告から、何か希望へ向かうヒントをもらえたらいいなと思います。

当初、6/5(木)の予定でしたが、諸事情で延期になりました。御注意下さい。

詳細は、講演会Facebook

山崎直子

2017年5月 3日 20:59

今日は二人の巨匠の誕生日

今日5月4日は、偉大なゲーム作家アレックス・ランドルフさんと、これまた偉大なおもちゃ作家クルト・ネフさんのお誕生日です。

アーカイブ