百町森ブログ

百町森からのお知らせなどです。

  
  
  

柿田のブログ

百町森店主のブログです。

  
  
  
  

イベント

  

イベントはこちらです。

  
  
  
  

コラム

  

子育てやわらべうたに関する読み物、旅日記など。

  

【静岡市近辺限定】 静岡新聞社発行の生活情報紙「アステン 2017年9月号」に、HAND WORKS FACTORY の「ステップラス・スツール」が紹介されました。

詳しくは、「アステン公式サイト」をご覧ください。

HWFさんは、雑誌「コンフォルト」2017年6月号でも、ネストスツールが紹介されたので、注目度が高まっていますね。

今朝のNHKテレビ「おはよう日本」で、馬場のぼるさんの没後発見されたスケッチブックのことが紹介されていました。

作品を書くために、丁寧に下調べをしていた様子が伺えました。

これらたくさんのスケッチブックや資料、絵本以前の漫画作品などから構成された馬場のぼるさんの新刊「馬場のぼる ねこと漫画と故郷と」は好評発売中です。

ナインタイル、入荷分すべて売り切れました。次回入荷は未定のため、ご予約はお受けしません。

百町森でも「ナインタイル」、明日入荷しますよ~♪入荷しましたが、売り切れました。

Table Games in the Worldによると、

29日19時からフジテレビ系列で放送されたクイズ番組『今夜はナゾトレ』で、出演した松丸亮吾氏が『ナインタイル』を紹介した。

とのことです。

  • ナインタイル
  • 2,200円+税(8%税込2,376円)
  • 品切れ。入荷未定

この度、アンジーナ(京都)のシャンプーやスキンケア商品を百町森で扱うことになりました。 以前取扱っていたドイツ・ウルテクラム社のシャンプーがなくなって以来ずっと探していた、 子ども達も安心して使えるシャンプー。ついに使いやすく、信頼できるものが見つかりました。

アンジーナとの出会いは、偶然とはいえ、とてもうれしいものでした。個人的な旅行で京都を訪れた 際に立ち寄った「京都メリーゴーランド」(こどもの本のお店です)に、無農薬野菜の配達に来ていた 女性がアンジーナの横山ちひろさんでした。彼女は3人の女の子の子育て、夫とともに有機農業、 そしてアンジーナとたくさんのお仕事をこなす、とっても素敵な女性です。忙しいはず なのに、落ち着いた印象をうけました。たぶん仕事への高いこころざし、丁寧な生活ぶりが出ている んだなぁと思います。メリーゴーランドでトラベルサイズのシャンプーを買い求め、その日の夜 ホテルでさっそく使ってみましたよ。それは、顔も、体も、髪もしあわせな使い心地でした。 こんなご縁で、百町森でもこの素晴らしい商品を皆様にご紹介できるのを嬉しく思います! 紹介してくださった、京都メリーゴーランドの潤さんありがとう!

まずは石けんシャンプーから

まずは、石けんシャンプーからお使いになることをおすすめします。心配な方はトラベル用50mlで お試し下さい。リンスは不要ですが、合成シャンプーから切り替えると、はじめは髪がギシギシする など気になる方がいらっしゃるかもしれません。でもだんだん指どおりが良くなると思います。 しばらく続けてみて下さい。または、食用のクエン酸をお湯に溶かしてリンスしてみて下さい。 アルカリ性の石けん分を中和してなめらかになります。

これ一本で、顔も体も洗えますのでお風呂場もすっきり。シンプルライフの強い見方です。

なぜアンジーナのシャンプー、スキンケアがいいのか?
~全ラインナップ共通の特徴~

  • アンジーナは全成分 の起源(原料由来)と機能(配合目的)を公開しています。(スキンケアメーカーではアンジーナだけの試み)お肌のデリケートな方、自分に合うスキンケア製品シャンプー探しでお悩みの方、安心して吟味、検討しやすいよう というメーカー努力があります。
  • できるかぎり自然由 来の原料と生分解性の高い成分の厳選。
  • 化学合成防腐剤のパ ラペン、石油系合成界面活性剤、香料、着色料、旧表示指定成分を使っていません。
  • 毎日のスキンケアのことだから、お肌にも環境にもやさしく、赤ちゃんからお年寄りまで安心して使える徹底した素材選び。

6月23日は「沖縄慰霊の日」。

1945年のこの日(6月22日という説もあります)、日本軍の牛島司令官が自決したことで、組織的戦闘が終結しました。しかし、最終命令で、最後まで戦え、と命じたばかりに、その後も多くの軍人・住民が犠牲になったのです。岩波ジュニア新書「ひめゆりの沖縄戦」から関連部分を引用します(文中の太字は佐々木)。

住民戦没者はなぜ多いか 村上有慶

四月上旬から五月下旬までの主力攻防戦こそが沖縄戦でした。日本軍の主力部隊の70パーセントは、この攻防戦で死んだり傷ついたりしました。(中略)5月28日、第32軍は首里の司令部を撤退し、南部の摩文仁(まぶに)へと司令部をうつしました。この時点で、軍隊どうしの戦争の勝負はついていました

アーカイブ