百町森ブログ

百町森からのお知らせなどです。

  
  
  

柿田のブログ

百町森店主のブログです。

  
  
  
  

イベント

  

イベントはこちらです。

  
  
  
  

コラム

  

子育てやわらべうたに関する読み物、旅日記など。

  

チェルノブイリ法とは

被ばくから、命・健康を最大限守るために、チェルノブイリ事故5年後の1991年に旧ソ連で制定され、ソ連崩壊後にロシア・ウクライナ・ベラルーシに引き継がれた法律。

国家の加害責任を明記し、予防原則に計り、生存権を保障した、放射能災害に関する世界で最初の人権法です。追加被ばく線量年間1mSvを基準に、移住・避難・保養・医療検診等が保障されました。

年間5mSv以上は「強制移住地域」。1?5mSvの地域は移住の権利が与えられ、移住先での雇用と住居を提供。引越し費用や損失財産の補償を行いました。移住を選択しなかった住民には非汚染食料の配給、無料検診、薬の無料化、非汚染地への「継続的保養」、年金優遇も実施。

年間0.5?1mSvの地域は「放射線管理強化ゾーン」として、保養の権利・医療検診の保障がなされ、32年経った今も幅広く市民の健康と生活を守っています。

(『市民が育てる「チェルノブイリ法日本版」の会』チラシより)

講演会に参加しました

先日、「ルポ チェルノブイリ28年目の子どもたち」の著者でインターネット放送局「Our Planet-TV」代表の白石草さんの講演会に参加しました。そこではじめて「チェルノブイリ法」というものを知りました。誰に聞いても素晴らしい法案だとウクライナの方はおっしゃるこの法案は福島に活かされているのか。福島の原発事故から8年たった今、子どもたちの健康状態は事故前と比べてどうなのか、そしてその対策はどうなっているのかといったお話がありました。

あわせて映像記録「チェルノブイリ28年目の子どもたち~低線量長期被爆の現場から~」を見ました。映像の中で印象的だったのは、ウクライナのコロステン(チェルノブイリから160kmの距離)の学校(6歳から17歳までが通う)で『100%健康な子どもはいません、事故前は大変良い健康状態だったのに非常に悪化している。頭痛、疲れ易い、鼻血の症状が多い』という言葉。この子たちは事故後何年も経ってから生まれている子どもだと思うと、今後の福島のことを思わないわけにはいきません。

この日の講演会の様子は、主催のプラムフィールドのホームページに詳しく紹介されていますので、是非見てください。

http://plumfield199905.com/2019/05/2460

おすすめのブックレット2冊

ルポ チェルノブイリ28年目の子どもたち
ウクライナの取り組みに学ぶ

  • 白石草著
  • 岩波書店
  • A5並製・79頁
  • 620円+税

この本の取材は2014年。特に第4章「チェルノブイリの教訓がなぜ活かされないのか」を読むと素人ではどうすることもできないような、影の圧力を感じてしまいます。

  • ルポチェルノブイリ28年目の子どもたち917
  • 620円+税(8%税込670円)
  • 買物かごへ
電話注文もできます。
054-251-8700

3.11後の子どもと健康
保健室と地域で何ができるか

  • 大谷尚子、白石草、吉田由布子共著
  • 岩波書店
  • A5並製・79頁
  • 660円+税

政府が、子どもを守ろうとしないのであれば、民間レベルで守っていくしかない!その方法のヒントになると思います。

  • 3.11後の子どもと健康(岩波b969)
  • 660円+税(8%税込713円)
  • 買物かごへ
電話注文もできます。
054-251-8700

日本の「子ども被災者支援法」は?

さて、日本では2012年に「子ども被災者支援法」が成立しました。この法律は日本からの調査団がウクライナのキエフでチェルノブイリ法を管轄する非常事態省で法の現状と課題についてのレクチャーを受けたことなどの成果だったようですが、いまだに具体的な支援計画は制定には至っていないようです。チェルノブイリにできたことが、なぜ福島でできないのか?大いに興味のあるところです。興味のある方は是非以下の講演会にご参加ください。

チェルノブイリ法日本版制定の意義を考える

  • 講師:柳原敏夫(『市民が育てる「チェルノブイリ法日本版」の会』共同代表)
  • 日時:2019/6/8 13:30?15:30
  • 場所:アイセル21
  • お申し込み・お問い合わせ:プラムフィールド

百町森も支援を続けます

百町森では、3.11以後、店頭での売上の一部を寄付する形で色々な支援に協力してきました。現在は特に福島の子どもたちの保養の為の活動に使わせていただいています。募金先は下記の2箇所です。引き続きご協力をよろしくお願い致します。 

(山崎直子)

   

静岡県が行っている子育て応援事業のひとつ「しずおか子育て優待カード」事業は、子育て家庭を応援するべく、静岡県内の店舗・施設がそれぞれの「応援サービス」を提供する事業です。百町森も2013年から参加して、木曜日と金曜日の「プレイオン」のご利用料金を割引しています。

また、2016年から始まった「全国共通展開」にも参加しているので、他の都道府県が発行している同種のカードでも、同じ割引をお使いいただけます。

画像をクリックするとPDF(約1.3M)を表示またはダウンロードします。

画像をクリックするとPDF(約1.4M)を表示またはダウンロードします。

少し悩みました

ただ、これまであまり認知されていなかったこと、また、他県のお客様の場合、平日(木曜日・金曜日)に来店することが難しいこと、逆に他県の方を土日祝日を利用可能にすると、静岡県内の方に申し訳ないし…。また、土日祝はただでさえプレイオンの混雑が激しいのに、それに輪をかけてしまうのではないかという懸念もありました。

また、システムを複雑にしてしまうと、お客様にもわかりにくくなってしまいます。色々考えてみたのですが、結局、シンプルな形に見直すことにしました。

百町森の店頭でご利用いただけるスマホ決済サービスは以下の4種類です。

  1. Pay Pay
  2. Amazon Pay
  3. LINE Pay
  4. 楽天ペイ

スマホ決済のご注意

  • 百町森の会員さんの場合、スマホ決済の場合、ポイントが付きません(ポイントが付くのは現金払いのみとなります)。
  • お支払金額の一部をスマホ決済することはできません。(例:5,000円のお支払のうち、1,000円をスマホ決済で、残りの4,000円を現金で、ということはできません)

百町森店内に併設させているプレイルーム「プレイオン」のご利用料金を、これまで税込価格で設定していましたが、本体価格で表示することにし、少し値上げさせていただきます。

2018年05月01日より、以下の通りとさせていただきます。

大変恐縮ですが、どうかご理解いただきますよう、お願いいたします。

料金 最初の1時間 延長
30分
一般 会員
大人1人 300円+税 250円+税 100円+税
子ども1人 300円+税 250円+税 100円+税
赤ちゃん1人 300円+税 250円+税 100円+税
車1台 300円+税 250円+税 100円+税
旧価格 税込300円
(278円+税)
税込250円
(231円+税)
税込100円
(93円+税)

このたび、ヤマト運輸の送料値上げに伴い、当店でも通信販売の送料を見直させていただくことにしました。

当店のメインの運送会社は値上げしていないので、それだけなら送料を見直す必要はありません。ただ、代金引換などで、ヤマト運輸を使っているため、今後はそれらのご希望がある場合に、差額をオプション料金として頂戴することにしました。

そのご指定がない場合は、これまで通りの送料となります。

2018年05月01日より、配送オプション料金を以下の通りとさせていただきます。どうかご理解いただきますよう、お願いいたします。

4月2日は、石井桃子さんのご命日です。それにちなんで、店内にある石井桃子さん関連の本をアップしました。

翻訳、創作、評論など、数多くのお仕事をされた石井桃子さんなので、店内在庫だけでもかなりの数にのぼります。この機会に一度ご覧になってみてはいかがですか?

石井桃子さんコーナー

アーカイブ