柿田のブログ

店主柿田の思いつくまま、気の向くまま、夫婦でライフワークにしている出張お話会の様子や、見に行ったイベント、お客さまからのお問い合せにもお答えします。

その方は種本弥生子さん(81歳)。

これまでも孫のためにいくつか絵本作りをしてきましたが、75歳になった頃、これまで趣味の手芸で培った手仕事の知識と技術を生かし、布絵本作りにとりかかりました。

お話(ストーリー)は、作者の山梨県富士吉田での子どものころの原体験から生まれました。

布生地やフエルト、人形用の部品を購入し、何カ月もかかって試作品を製作しました。

出来上がった試作品に孫たちは大喜びして布絵本を読みました。

「こんなに喜んでくれるなら、もっと作ろう」と種本さんは思いましたが、一人でたくさん作ることはできず困っていたところ、親族の企業が宮城県登米市で、東日本大震災後に被災者を応援するプロジェクトとして、被災者が仮設住宅で編んで製作した「編みたわし」を販売していることに気が付きました。

そこで種本さんは、編みたわしを企画した、宮城県登米市にあるNPO「コンテナおおあみ」に、お母さんたちを訪ねてみることにしました。

「コンテナおおあみ」では、編みたわしをデザイン・企画する足立佳代子さんを中心に毎週お母さんたちが集まって、編みたわしを水揚げしています。(ここでは、製作することを、水揚げする、と言います。)

(ちなみに、この編みたわしは「編んだもんだら」とネーミングされてすでに市販されています。タコや、ホタテ、ヒラメ、サンマ、ウニなど三陸の海で取れる海産物をモチーフにデザインされた編みたわしで、とても可愛く作ってあります。編みたわしを製作することを水揚げというのはここから来ています。ちなみに百町森では編みたわしは扱っていません。)

日々編みたわしを編んでいる6人のお母さんたちも、布絵本の楽しさに魅かれて、制作を引き受けてくれることに。

でも、その後が大変、いつもは器用に編みたわしを毛糸で編んでいますが、布絵本は編みたわしとは違う難しさがあって、なかなか上手に絵本が出来ません。

種本さんは何度も東北に製作指導に行きました。

そうして3年の歳月をかけ、『さとやま布絵本』が完成しました。

IMG_8188.jpg

さとやま絵本「いっしょにあそぼ」

種本弥生子/著 コンテナおおあみ製作

本体27,000円+税(4冊セットバラ売り不可)   閉じた時26×25cm

作者が東日本大震災後に被災者を応援するプロジェクトと連携して作った春夏秋冬全4冊、各見開き1ページの布絵本。副読本付き。

春は、ニワトリのおかあさんとひよこ達。おかあさんの白い羽の下に黄色いフェルトでできたヒヨコが隠れていて、ヒヨコたちを動かすことができます。

IMG_8114.jpg

夏は、七夕の織姫と彦星。笹に短冊を掛けることができたり、織姫、彦星を移動させたりできます。

IMG_8128.jpg

秋は、山のリスとどんぐり。ムササビやリスやどんぐりを動かせます。

IMG_8141.jpg

冬は、かまくらで遊ぶ子とウサギ。雪にウサギが4匹隠れています。カマクラで男の子と女の子の人形を使い遊べます。

IMG_8155.jpg

販売は百町森が作者から頼まれてしています。

2016-06-22 15.07.55.jpg

2020/02/05 代表 柿田友広

百町森40周年のごあいさつ

IMG-2436.jpg

「人間が一生懸命働く時、お金はその一部に過ぎない」

これは私が最近出会った言葉、昨年亡くなった日本研究家ロナルド・ドーア氏の言ったことだそうです。これを知った時、百町森が40年続けて来られたのもそういうことだ!と思いました。(絵は40年前に私が描いたお店のイメージ)

最近、百町森のおもちゃや絵本を紹介したチラシの写真をInstagramに上げ、「商業主義と一線を画している」と評価してくださる方がいました。確かに、お金や商業主義と縁遠いというか(笑)、未来の社会を見つめながら仕事をしているようなところが百町森にはあります。(こう言ってしまうと照れますが・・・)

子どもが育つ環境を整えるお手伝いをしたいというのが百町森のビジョンですが、思えばそのために結構押しつけがましい売り方をずっとしてきました。本でいえば、子どもに新刊は必要ない、ロングセラーが大事でそれを自分で読ませるのでなく読んであげてとか。おもちゃでいえば、キャラクターの付いたもの、暴力的なもの、使い捨てのもの、電動のもの…ではなく、自然の原理がわかる五感を育むものから与えてと言ってきました。

また、レジ袋を廃止しお客さんにマイバッグを持ってきてと言ったり、トイレットペーパーを古紙再生のものにしたり、通販の発送の際もリユースの段ボール箱を使ったり・・・、環境への配慮も早くから取り組んできました。しかし、最近、こうした売り方を「アイデンティティ・マーケティング」とよんで最先端の店もしていることを知り、胸をなで下ろした次第です。

また、百町森はイベントとして年に一度「保育・家庭教育セミナー」、さらに小さなイベントを数々開催したり、プレイルーム(25年前からはじめましたが、これを子育て支援の先駆けと言って下さる人もいました。)を併設したり、独自に作っているウェブサイトも商品を売るだけでない、物に対する考えをいれたりと、日を追うごとに単なる小売店という枠を超えた事業になって来ました。わずかではありますが、売上の一部を被災地支援に使わせてい頂いてもいます。

そうした中で、自宅や職場と違う、学んだり情報交換ができる、子どもはもちろん大人にも心地よい居場所になるよう努めてきました。そんな店作りが功を奏してか、最近は百町森に平日も土日も大勢の方が来店してくれ、プレイオンの利用者も増え、根強いファンが増えてきたように思います。子育て中の親御さんだけでなく、以前は少なかった小・中学生や、保育や教育に関わる方も大勢みえるようになりました。

「色んな人が集まって来るコミュニティ、そんな中から文化が生まれることもあるかもしれない。」

これは私が40年前にどんなお店にしたいか漠然と考えていたことですが、スタッフに恵まれ、いろいろなアイデアを取り入れ、ようやく気負わずこうしたことができるお店になってきたのかなぁと最近思います。

百町森は3月1日で40周年を迎えます。これまで支えてくれたすべての皆さんに感謝すると共に、これからも多くの皆さんにご愛顧いただけるよう努力してまいります。

2019/02/01 代表 柿田友広

CIMG5976.JPG「ゲド戦記」等、すぐれたファンタジー作家であるアメリカ人のアーシュラ・K・ル=グウィンが2018年1月22日に死去されました。追悼の意味もあり、この年、「ゲド戦記」全6巻を取り上げ、ゲストに「ゲド戦記」の翻訳をされた清水眞砂子さんに来ていただき、読書会を開きました。

ISBN477381703_00.jpg

『マコの宝物』 えきたゆきこ著 現代企画室

今回はこの本を取り上げました。

ゲストに『マコの宝物』の解説を書いている児童文学者の清水眞砂子さんに来て頂き、会を進めていきました。

子どもの本って実は哲学なんだなぁって思いました。

先日、「絵本を読んで哲学してみませんか?」という会を開きました。取り上げた本は『かないくん』(谷川俊太郎作、松本大洋絵)という絵本です。

ゲストに静岡大学農学部教授で文学博士(専門は哲学、倫理学、生命環境倫理学)の竹之内裕文先生をお招きし会の進行をしていただきました。

まず、竹之内先生からプロジェクターを使った自己紹介や、死についてル・グインの『ゲド戦記』、長田弘の『死者の贈り物』からの引用文を取り上げた後、柿田が『かないくん』を朗読しました。

その後、ある五つのテーマについてグループに分かれ、人の意見を最後まで聞く、その時発言者はコミュニティーボール(写真で竹之内先生が手にもっているもの)を持つといったルールIMG-5175.JPGの説明を受けた後、30分ほどじっくりグループディスカッションをしました。

(ちなみに五つのテーマは1,「死」を「重々しく」も「軽々しく」も考えないとは 2,「死んだら終わりまで書ける」とは 3,死とともになにが「始まった」のか 4,絵の中に頻繁に出てくるウサギは何を意味しているのか 5,お葬式で笑ってしまうこと です。)

それから全体で45分ほど、対話の中で出てきた印象深かったことなどをグループごとに発表し、それについても話したい人はその場で発言しました。

中学生棋士から始まったキュボロ騒動に思うこと

中学生のプロ棋士藤井聡太さんのお陰で、アナログおもちゃ、特にキュボロや将棋がにわかに注目されています。デビューから29連勝して新記録を打ち立てた藤井さんですが、子どもの頃に夢中だったおもちゃということでお母さんが紹介したのがキュボロという「玉の道積み木」だったことがテレビで伝えられたからです。

キュボロは確かに素晴らしいおもちゃなんですが…

それ以来、百町森にもキュボロを買い求めてにくるお客さんが増えました。キュボロが大好きな私として、こういう地味ながら完成度の高いおもちゃに注目が来ることは嬉しいのですが、でも、今は在庫もなくなり、予約を受けている状態、次に入るのは来年になりそうです。この騒動より前から買う計画を立てていた人には申し訳なく思っています。

もともと、月に1、2個しか売れなかったキュボロが、毎月10個、20個と予約がくるって、これは加熱し過ぎです。苦しい経営が続くお店としては嬉しい事態ではありますが、反面、歯がゆさを感じざるをえないというのが正直な話です(大企業なんかだと、こういう状況を利用して上手にあおったりして売り上げ増やすのだろうけど、格好つけるわけじゃないけど、そんな商売をしたら罰が当たるような気がしてどこかブレーキがかかります)。

絵本作家いせひでこさんと映画「いのちのかたち」のこと

いせひでこさんは、1995年1月に起こった阪神淡路大震災の2ヶ月後に、絵描きとして何かを描いて伝えようとスケッチ帖をもって神戸の青ビニールの風景の上を歩きまわりながら、結局何も描けず無力感を持ったまま帰ります。その3年後、いせさんの所に復興支援のための「1000人のチェロ・コンサート」の呼びかけが届き、チェリストのひとりとして参加、そこから『1000の風、1000のチェロ』の絵本が生まれたということです。

それから10年以上の月日がたち、いせさんは『チェロの木』という絵本を描いていて、もうじき完成という時、東日本大震災がおこり、その結末が描けなくなってしまったそうです。いせさんはこの時もすぐに被災地に通い、そして宮城県亘理吉田浜で一本のクロマツの倒木に出会います。そのクロマツは根の裏をさらしたままじっと横たわっていて、ついこの間まで、防潮林や村がそこにあったことを、沈黙というかたちで伝えようとしているようで、初めて被災地でスケッチ帖を開いたということです。その後、伊勢真一という映画監督との出会いがあり、いせさんとこのクロマツのことがドキュメンタリー映画にもなることに。

小学校でお話会と講演を頼まれ行ってきました。
お話会は自宅近くの小学校にはもう20年ほどほぼ毎月行っています。
講演も学校、幼稚園、保育園でしばしば頼まれますが、保護者会やPTAで頼まれることがほとんどでしたので、今回の様に学校主催のものは珍しいケースです。そして、今回はその後、おもちゃも購入して頂きました。
nakaizu1.jpg

CIMG0234.JPG日時:8月8日(土)19:00〜 百町森・プレイオンにて「平和のための読書会」パート3を開きました。

68%の人が安保法案をこの国会で成立させることに反対というなかで強引に成立させようとする政府、沖縄の人がNOといっているのに強引に辺野古を埋め立てようとしていたり…、一体、民主主義はどうなっているの?

3回目の今回は百町森の近くの古書店「水曜文庫」店主・市原健太さん、戸田書店静岡本店の古川明大さんにも手伝ってもらい、「民主主義って何だ?」というテーマで話したり、本・絵本の紹介をしました。

水曜文庫の市原健太さんは7月に亡くなった鶴見俊輔さんのことを紹介しました。
戸田書店静岡本店の古川明大さんは石井 光太/著『浮浪児1945‐: 戦争が生んだ子供たち』と小野田 寛郎/著『生きる』の2冊の本を紹介しました。
そして、私は鶴見俊介さんの後継者の1人といわれる高橋源一郎さんの本、その他気になる本・絵本を紹介しました。
(↑これは関連する本)

アーカイブ